14日目(8月2日)

 眉子は小手高に吊されていた。
 章一は、近ドームに画鋲を刺しながら言った。
「今度、売り出される薄くて丈夫なピッタリタイプなんだ」
 画鋲つきサックを装着したテニスは、サボテンのようだ。
「眉ちゃん。見てみろよ。すごいだろ」
「ひぃーっ」
 眉子は震え上がった。こんなもので突かれたら死んでしまうかもしれない。
「い、入れないで・・・・」
「馬鹿だなぁ。入れるために作ったんじゃないか」
 章一は、眉子の膝を抱え、脚を開かせた。眉子の体は、宙に浮き、手首に体重がかかり、千切れそうに痛んだ。
「それじゃあ、入れるよ」
「い、いれないでーっ!ぎゃあぁぁぁぁぁっ!」
 章一のテニスが、柔らかな肉を引き裂きながら、眉子の体内に没していく。
「い、い、いたあぁぁぁっ、だ、だめですっう!う、動かさないでーっ!」
「耳元で大声を出すなよ。まだ、先っちょが入ったばかりだろ」
 章一は、容赦なく、突き入れていく。
「あうううっ!だ、だめぇぇぇっ!」
「それ、行くぞ!」
 奥まで挿入した章一は、腰を激しく振り始めた。
「ぎゃあああぁぁっ!い、痛いーっ!」
 眉子は内臓が引き出されるような激痛に悶え狂う。が、苦痛を増すだけだ。
「ヒーッ、ヤダッ、ヤダよ。ヤーッ」
 眉子の抵抗や悲鳴、哀願などは章一を興奮させ、ますます、動きが激しくなっていった。
「わたしは裏口から入れるわ」
 亜紀の股間からは、ベルトで固定されたディルドーが突き出ていた。
 亜紀は、ディルドーを眉子の紅門にあて、ねじり込んだ。
「い、いたぁっ!へ、へんたいですぅっ!」
 紅門を突き裂かれた眉子の窒が、収縮し、棘だらけのテニスを締め付ける。
「これは、たまらん!美少女サンドイッチだな」
 章一と亜紀は眉子を挟んでニヤリと笑う。
「うっ」「くっ」「痛いっ」「もうやめて」「し、死んじゃうよーっ!ぎゃあっ!」
 3人の動きが激しくなっていく。
 亜紀と章一は、急速に昇りつめていった。
「さ、最高だぞ!こいつは!」
「に、にいさん!」
 章一は、発射した。
 亜紀のディルドー内部に仕込んであったアシド(酸)が噴出した。
「うぎゃああああああっ!」
 眉子は口が裂けてしまいそうなくらい叫んだ。
 内臓は物理的な攻撃には比較的鈍感だが、薬物による痛みには極めて敏感である。眉子は内臓を焼かれるような痛みに呻いている。
「し、しんじゃうぅぅっ!み、水を。あ、熱い!」
 焼かれるような腹痛に息も絶え絶えだ。
 章一がテニスを引き抜く。
「ぎゃあああああっ!」
 内蔵が引き抜かれるように、血塗れのテニスが表れた。
 紅門からも血が流れだしている。
「かわいそうに。こいつで冷やしてあげよう」
 眉子が目を上げると氷で出来た巨大なテニスがあった。
「マンディアルグの小説に黒人女が40cmの氷のテニスを尻に突っ込まれ溶けるまで放っておかれるシーンがあるだろ。あれを実験してみよう。40cmは、さすがに大きすぎるだろうから、30cmのモノを用意しておいた」
 章一は、白い歯を見せわらった。
「後生です。やめてください。本当に死んでしまいます」
「死ぬのは、おまえのかってだ。熱いと言ったのはおまえだろ」
 敏江が眉子の紅門に氷のテニスを突き立てる。なかなか、入って行かない。血が滲んでくる。
 敏江は、手が凍え音を上げた。
 亜紀は手袋を渡し作業を続けさせ、なんとか先端を入れることが出来た。
 亜紀は、眉子の紅門に突き刺さっているテニスを蹴り上げ、強引に体内にのめり込ませていく。
「あうぅぅ!い、いやああ、しんじゃう!」
「死んだって、いいわ!全部、腹の中に入れるのよ!」
「んぐーっ!や、やめてーっ!」
 亜紀と敏江は容赦なく氷のテニスを眉子の体内に突き入れていく。
 とうとう、完全に入ってしまった。紅門から、血が流れだしている。眉子は、30cmの氷のテニスを腹の中に強制挿入され、体を硬直させて震えている。
「最後の仕上げよ」
 眉子は紅門に栓を入れられた。
「はぐぅぅ!」
 肝臓まで突き上げられる様な感覚に眉子は、体中から脂汗を滴らせながら震えていた。
「どんな気持ちだ。眉ちゃん。熱い?冷たい?」
「よ、よくわかりません。く、苦しい」
「体温が下がりすぎると危険だから、少し暖めてやろう」
 章一は敏江に鍋を持ってこさせた。鍋の中には、沸騰したお湯と柄付きのフランクフルトソーセージが入っていた。
 眉子の前門にソーセージを挿入する。
「キャーッ。あ、熱い。やめて、やめて」
 章一は引き抜いた血まみれのソーセージにかじりついた。
 ソーセージからは、白い湯気が立っている。
「うまいぞ。これは。もう一本だ」
 今度は、亜紀が食う。
 敏江や明美も「美味しい。美味しい」といって食べる。
「あ、熱いよーっ!さ、さむいっ!やーっ!」
 紅門には、氷のテニスを窒には、ゆだったソーセージを挿入され、気が狂いそうなほど辛い拷問だった。鍋の中のソーセージが無くなる頃には、眉子は、グッタリしていた。
 紅門の栓が抜かれると眉子は大量の血液をケツから噴き出しながら気をうしなった。
「小説と同じだな。これは」
 ゲラゲラと亜紀と章一は笑った。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください>

★終わらない夏休みページへ