17日目(8月5日)

 敏江が、眉子を引きずって、拷問部屋に入ってきた。
 眉子の顔には、殴られた跡があった。
 それを見た亜紀が、怒鳴った。
「敏江!顔を傷つけないようにと言っておいたでしょう!」
「申し訳ありません。眉子が言うことを聴かないもので、暴れるんです」
「眉ちゃん。本当?」
 亜紀は、眉子の顔をのぞきこむ。大きな瞳に涙を溜めている。
「あ、あのく、薬だけは、許してください。お願いです」
「だめよ。今日から、注射してから、来るように言ってあるでしょう」
「お願い、他にどんなことでもしますから、あの薬だけは、」
「何をいってるの!あなたの家族や弟がひどい目に会ってもいいの!さっさと、注射しなさい!これ以上、逆らうと、承知しないわよ」 眉子は、恐る恐る、注射をした。
 肘がズキズキ痛みだした。腹の中も掻き回されるように痛み出す。クリとリスや乳首にまで激痛が走り出す。いままで、忘れていた体中の小さな傷が一斉にいたみだすのだ。
「いたい、いたいよう」
「この娘ったら、なにもしていないのに勝手に痛がっているわ」
 亜紀は、感心して眉子を見ている。
 その横で章一が言った。
「拷問用オピオイド拮抗薬の威力さ。人間の脳は、複数の痛みを感じると、最も痛いもの以外は、情報をシャットアウトし感じなくなるようにできている。また、同じ痛みが続くと痛みが和らいでいき、やがて感じなくなる。この薬を使えば、その機能が麻痺し、複数の痛みを同時に感じ、和らぐこともなくなるのだ」
「うふふ、でも、今日の拷問は手加減しないわよ。眉ちゃん」
 亜紀は、指を鳴らした。拷問開始の合図だ。
 眉子の目の前に、以前に見たことがある一本足の三角木馬があった。
 ただ以前と違うのは股間の当たる部分に、男性器を模した子供の肘から先ほどもある巨大な金属の棒が2本生えている。
「いやあ、こんなのいやぁ 」
 敏江と明美は後ろ手に縛られて暴れる眉子を抱き上げると、金属棒が二つの穴に収まるように、のせた。
 冷たく巨大な金属棒が眉子自身の重さで眉子の中に沈み込んでゆく。
 金属棒に子宮を突き上げられる激痛と、二つの穴の括約筋が千切れてしまいそうな痛みに、眉子は悲しげな悲鳴を上げた。
「あうぅぅぅっ、さけちゃうっ!」
 眉子の中に金属棒が根本まで飲み込まれると、足首が木馬の支柱に固定された。
 二人が準備を整整えると、扉の向こうから亜紀が入ってきた。 亜紀は黒い皮のボンデージスーツを着て、手には長い鞭を持っている。太股まである黒いロングブーツに編みタイツ。大きく開いた胸元を強調するハイレグのスーツに、二の腕まである黒い手袋。
 章一は妹ながら妖しい色香を漂わす亜紀に見とれながらも、演出過剰だなと苦笑する。
 亜紀は眉子に見せ付ける様に、鞭で床を一打ちする。 その音やしなり具合から、鞭が革ではなく極細の鋼線で編み上げられている事が判る。
 これはもうSMプレイで使用されるチャチなものではなく、明らかに拷問用の鞭である。
 亜紀は恐怖に青ざめて震えている眉子のアゴを持ち上げると軽くキスをする。
「今日もいい声で泣いてちょうだいね。弟の為にも、ねっ。」
 亜紀はゆっくりと眉子の背後へ回り、真っ赤なルージュをひいた唇を一舐めすると、渾身の力を込めて鞭を振り下ろす。
「ぎゃあああああっ!」
 背中を打たれたはずが、肺臓まで響く鞭の重さに眉子は、血を吐くような悲鳴を上げた。
 背中に走る紅い鞭痕からは血がにじみ出ている。
 反動で木馬が大きく揺れ、眉子の全体重が股間の金属棒にかかり、内臓が掻き回されるような痛みに眉子は、うめいた。
「まだまだ、発狂なんかしたらだめよ。あなたは、殺されて楽になるでしょうけど、あなたの両親も、殺され、弟は、同じ拷問を受けることになるのよ。気が狂わないように、せいぜい頑張ることね。わかった!返事は」
「はっ、はいっ!判りまし!た」
「じゃっ、ご褒美よ。それっ!」
「きゃああああああああっ!」
 脇腹に炸裂した2撃目に眉子は木馬の上で揺られながら悶絶する。
 苦痛に顔を歪めながら、バラバラになってしまいそうな精神を保つ。
「まだまだよ!。それっ!」
 鞭が形の良い眉子の乳房に襲い掛かり、鞭が乳首を潰す。
 悶絶し、バランスを失った木馬が真横に傾き眉子の体重が自らの括約筋を引き千切ろうとする。
 その激痛が、眉子に追い打ちをかけた。
「みろよ。この表情!たまんねぇな」と章一。
 苦痛にゆがむ眉子の顔は、戸惑っているようにも見える。いままでの拷問時の表情とは、明らかに違っていた。通常の拷問では、一度に感じる痛みは、一つだが、薬の効果で、いくつもの激痛に一度に襲われているのだ。自然界では、見ることの出来ないオピオイド拮抗薬の表情である。その不自然さが戸惑いの表情となってあらわれるのだ。
 眉子は、激しすぎる痛みに、正気を保つだけで精一杯だった。眉子はひたすら亜紀の鞭に耐え続けるしかない。全身の骨が砕けるような激痛に悶え苦しみながら。
「はあっ、はあっ、もう限界でしょ、くたばっちまいな!」
 亜紀が渾身の力を込めて鞭を眉子の胸に振り下ろす。
 眉子の身体が大きく後ろへのけぞる。
 木馬が傾き、戻ろうとする反動に眉子の身体が力なく揺れている。
 眉子は、目を大きく見開き、口をパクパクさせ泡を吹いている。
 体は、失神状態だが、気を失うことができないのだ。
 眉子の股間の穴が限界まで引っ張られ穴から赤い血が流れていた。
 亜紀は、眉子の人間の限界を越えた苦しみように興奮し、打ち続けた。金属製の重い鞭は、傷を付けるのには、向かないが、痛みが、振動となって内臓や骨を震わせる。
亜紀は、眉子の尻を打った。腹の中のデルドゥーが、内臓を掻きむしる。
「ぐぎぃぃぃっ!」
「限界を超えると、瞬きもまともにできないらしい。悲鳴もまともな言葉になら ないな」
 章一は、目を見開き顔面を引き吊らせている眉子を見ながら言った。
 亜紀は、下腹部を打つ。
「ふぐぎぃっ!」
 眉子の股間から流れる血が太股を伝い、足先から床に滴たった。
 今度は、尻を打った。亜紀は、故意に眉子の腰を前後に動かし、股間と、内臓を同時に責めようというのだ。 眉子は、失神状態であったが、痛みが、少しも軽くならない。ワイヤーのような鞭だけでも、耐え難いというのに、股を裂かれ、紅門と窒口を広げられ、窒と直腸をかき回されているのだ。
 口からは、白い涎が滴り落ちている。
「気が狂ったりしたら、殺してやるわ。せいぜい、がんばることね。返事は?」
「ぐ、ぐふぅ、ごげぎぃ」
「痛みのために言語中枢が麻痺しているんだ。言葉を話すことなどできないさ。よく頑張るなあ、この娘。死んだ方が楽なのにな」
 章一は、腕組みをし、感心したようにうなずいている。
「だから、なぶり我意があるのよ。それ!」
 亜紀は、鞭をふるった。
「ぎぃーっ!ぐぼぎいぴー」
「いまのは、きゃあ、もうやめてかな」
 章一が、通訳した。
 明美が吹き出し、敏江が吊られ笑いをした。
「あはははっ、眉子ったら、おかしな言葉を話すんだもの」
 亜紀も、つられて笑いそうになりながら、
「笑うのは、やめなさい。がんばっている眉ちゃんに悪いじゃない」
と言った。その自分の言葉が滑稽で自ら吹き出してしまった。
「眉ちゃん。おかしい。もっと、なにか喋って」
 亜紀が鞭で眉子の腰を打った。
「ぐんげぇ!はんぎぐんごっ」
「ぐええっ、ひどすぎます。もうゆるしてくださいかな」
 三角木馬の下の血だまりが大きくなってきた。
「そろそろ、ドクターストップだな。敏江、眉子を降ろしてくれ」
 敏江は眉子の体を引き抜くと、2つの穴から大量の血が流れだしてきた。
「見ろよ。デルドゥーを抜いても、閉じないぞ」
「本当、中が丸見えね」
 眉子は、恥ずかしさも感じず、ただ、襲ってくる痛みだけに耐えて肩で息をしていた。
「興奮したわぁ。もうすっかり濡れちゃったぁ。明美、おいで。」
 人目もはばからずに絡み始めた二人にあきれた章一は床に降ろされて血まみれで倒れている眉子を眺める。太い金属棒が入っていた肛門はパックリと大きく開いたままである。
 章一は眉子に止血と化膿止めの抗生物質を施した。
 先ほどの金属棒より更に太いディルドが2本付いた貞操帯を取り出し、眉子の腰に取り付けて鍵をかける。
「明日は俺が責めてみるか」
「眠らないと、明日からの拷問に響くからな」
 章一は、眉子の脊椎に電極針を差し込み通電した。
「げぐっ!」
 眉子は、一瞬にして、強制失神させられた。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください>

★終わらない夏休みページへ