24日目(8月12日)

 敏江が眉子を迎えに来た。どうやら許されたらしい。敏江は眉子の腕をねじりあげた。
「いたーいっ」
 眉子は悲鳴を上げた。
「こいつ、こんど騙したら首を捻ってやるよ」
 敏江は凄むと体操着に着替えるように命じた。
 眉子はブルマーに体操着姿で四つ足で拷問室に入ってきた。
「あら、眉ちゃん。いつから犬になったの?あなた、人間でしょ!立って歩きなさいよ」
 亜紀は、眉子を見下ろして言った。
「あ、足が痛くて、立てません」
 眉子の足は重傷で、立つことも出来なかった。
「ダメよ。立ちなさい!弟がどうなってもいいの!」
 眉子は、立ち上がろうと、足を踏ん張った。土踏まずが裂けるような激痛が走った。もう、額には脂汗がフツフツと浮かび上がってきた。
「眉ちゃん。念のため言っておくが警察に期待しても無駄だぞ。この前、刑視相姦に君の拷問ビデオを見せたらすごい気に入りようでね。警察で使われている拷問薬が届いたんだ。君へのプレゼントだ。ブルマー姿の君が責められるのを見たいのだそうだ。君の太股の肉を食いたいともいってたな。我々にとっては、一人の女子高生の生死などどうにでもなるのだよ」
 と言いながら章一は、眉子の脹ら脛と太股に送られてきた薬を注射した。
 とたんに眉子の足の筋肉が痙攣を起こし始めた。こむら返りが、両足と太股で同時に起こったのだ。
「くううう」
 眉子は激烈な痛みに立っていられず、床に倒れた。
「警察で拷問に使う痙攣薬だ。危険なので心臓から遠いところにしか使えないがね」
 と章一が説明する。
 その間にも痙攣の発作はひどくなり、眉子の太股は小刻みに震えている。
「今日は、スーパーレシーブをマスターしてもらうわ。夕方までに完成させないと、大会に優勝できないわ」
 亜紀がニヤニヤ笑いながらバレーボールを手にしている。
 亜紀や敏江もブルマー姿だ。スポコンのノリである。
「眉ちゃん。10球つづけてレシーブできたら、許してあげるわ。出来るまでやるのよ」
 眉子は、痛みで立つこともできないのだ。そこへスパイクが飛んだ。ボールが眉子の腹に当たる。
「どうしたの。そんなことでは、死んでもらうしかないわね。それでもいいの」
 亜紀が脅すと眉子はよろよろと立ち上がった。そこへボールがぶち当たる。眉子はひっくり返った。
「まだまだよ」
 亜紀のスパイクがとぶ。
 眉子の運動神経はよいのだが、足の筋肉が痙攣を起こし、足の裏が大火傷を負っていては、バレーボールなどできるはずがない。
「夕方まで10球取らないと、ころしちゃうわよ。あなたの弟や家族も嬲り殺しにしてやるわ」
 と亜紀が脅す。
 眉子は、次のボールをなんとかレシーブで返した。
「やるじゃない。いくわよ」
 ボールを横に振った。眉子は飛びついてレシーブする。
「ぎゃあああっ」
 眉子の口と足が悲鳴を上げる。
 ラジカセからは「アタックNo.1」「サインはV」「あしたへアタック」などのテーマソングが流れ雰囲気を盛り上げている。
「どうしたの!そんなことでは優勝できないわよ」
 眉子は懸命にレシーブをするのだが、足がいうことをきかず失敗も多い。おまけにオピオイド拮抗薬の働きでレシーブすると腕に骨が折れるような痛みが走る。楽しいはずのスポーツを地獄に変える薬だ。
 白いシューズが足の裏からの出血で赤く染まり、体操着も脂汗で身体に張り付き、乳首が透けて見えるようになってきた。眉子は水と休息を与えられ、傷の手当をうけた。無論、拷問を長引かせるための手段である。
 敏江と亜紀は交代しながら特訓を繰り返した。眉子は、身体がバラバラに引き裂かれるような痛みの中でレシーブを繰り返していた。
 それでも、眉子は、9球連続でレシーブを成功させた。
 10球目のスパイクが、とれそうにない離れたところへ打たれた。眉子は、それを読んでいた。スパイクが打たれる前に、移動していたのだ。眉子は、10球目をレシーブした。11球目が、床に落ちる。亜紀は、まだスパイクをつづけて打っている。
「10球、レシーブしました!」
 眉子が叫ぶ。
「何言ってるの!9球しかしてなかったわよ!さっさと続けなさい!また、1球目からやりなおしよ」
 気力を使い果たした眉子は、床に倒れ、起きあがれない。
「さっさと、立ちなさい!貴方の大切な達也ちゃんをぶっ殺すわよ!」
 亜紀は、眉子の頭にボールをぶつけた。
「あうぅ」
 眉子は、血と汗ですべる床の上でボールを追い続けるしかなかった。
 何時間か後、眉子は気を失った。太股と脹ら脛はまだビクンビクンと痙攣を繰り返していた。
 章一は眉子の汗にまみれたブルマーと体操着を脱がすと
「これとビデオをダビングして刑視相姦に送ってやってくれ」
 と明美に手渡した。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください。また、警察で拷問を行っている事実もありません。>

★終わらない夏休みページへ