26日目(8月14日)

 朝、目覚めた眉子は、全身に激痛が走った。昨日の電気責めの後遺症だ。電気責めは、日焼けのように、その日より次の日に痛みがくることがある。全身に鉄串を突き刺され、電流を流されたのだ。特に身体の深部のダメージが今日になって顕在化したのだ。わずかに身体を動かしただけでも激しく痛む。胸膜や腹膜も炎症をおこしており、息をするだけでも、激痛が走った。
 敏江がむかえに来ると眉子は涙声で言った。
「触らないで下さい。動かさないで、痛いの」
 敏江は乱暴に眉子の腕をつかみ起こす。全身を襲う激痛に眉子は悲鳴をあげた。
「きゃぁぁぁっ!」
「うるさい!さっさと餌を食べて、体を洗うんだ!」
 眉子は、異臭を放つ食物を飲み込むが、胃が痙攣し吐き出してしまった。敏江は、眉子を蹴り飛ばし、罵声を浴びせると、ポンプを喉に差し込み、眉子の胃に液状の食物を流し込んだ。
「うぐぐぅぅっ!」
 それでも、眉子は、すぐに吐いてしまう。
「無理です。食べられません」
 敏江は、困り果て、章一を呼んできた。
「電気責めの後遺症だ。胃が痙攣を起こすらしい。眉ちゃんには、ちゃんと食べてもらわないと拷問に耐えれなくなるからな」
 章一は、眉子に浣腸を施し、排泄させてから、鉄パイプを紅門にねじり込んだ。紅門を裂かれるような痛みに眉子は絶叫した。
「敏江、ポンプで流動食を流し込め」
 眉子の口にホースが差し込まれ、胃に直接、そそぎ込まれる。
「ぐぅーっ」
 口にホースをくわえたまま、眉子は、悲鳴を上げた。
 章一が、直腸に焼きゴテを挿入したのだ。
「胃に与えられる刺激より強い刺激を他の個所に与えてやれば、痙攣は治まるはずだ」
 章一は、そう言うと一端、引き抜き、新しい真っ赤になった焼きゴテを再び挿入した。
「ぎぃーっ!」
 眉子は、全身を脂汗にまみれながら震えさせている。
 焼きゴテが冷めてくると、すぐに新しいものに替えられた。
 食物がすべて胃に流し込まれても、ゆるされなかった。
 眉子の直腸の粘膜が万遍なく焼けただれるまで続けられた。
 眉子は、白目をむきよだれを流している。
「よし、食事はこれで終わりだ。洗浄して拷問部屋へ連れてきてくれ」
 章一は、そういうと台所から出ていった。 眉子にとって、このくらいのことは、拷問に入らない。
 ただの朝食風景でしかないのだ。
 拷問室に入ると、眉子の痛がる姿をみて、章一がいきなり押し倒してきた。
「痛い、いたい、さわらないで!ギャーッ」
 章一は眉子の足を広げ、いきなり挿入した。
「う、うごかさないでぇーっ」
 眉子は叫ぶ。正常位のセックスでしかないのだが、今の眉子にとっては拷問に等しい。
 体中の傷口から血が噴き出して来るような痛みに眉子は悶え苦しむ。章一は興奮し、ますます荒々しく突きまくる。眉子の苦痛が増すにつれ、章一は快感を覚え、眉子の胎内に大量に放出した。
「次はケツの方を犯してやる」
「ずるいわ。兄さんばかり」
 亜紀が腰にディルドーを装着し、立っている。ディルドーの先端には、スパイクが突き出ている。
「これで、この娘の子宮の入り口をズタズタにしてやるわ」
 亜紀が眉子の前門を責める。章一は鮫の皮で出来たサックを装着し、眉子の尻に挿入する。ただ、犯されるだけでも、地獄の拷問だというのに、亜紀達には物足りないようだ。
 亜紀のスパイクが子宮への入り口に突き刺さり、鮫皮が、焼け爛れた直腸の粘膜を掻き回した。
 全身を襲う激痛に加え、両穴への攻撃に眉子は悲鳴をあげた。
「ぎゃああああーっ、や、やめてっもう、ゆるして!死ぬ、死んじゃうよー、あっあっ」
 章一が放出すると同時に亜紀のディルドーからも酸が吹き出た。
「うぎゃあああああっ」
 眉子は断末魔のような悲鳴を上げた。といってもどこか上品で可愛らしい。
 亜紀と眉子は69をした。眉子のあの部分は、前日の拷問で神経がボロボロに痛んでいる。亜紀の舌技にも、激痛が走るだけである。眉子は、亜紀が満足すれば解放されるので、懸命に奉仕する。苦痛と快感のサークルの出来上がりだ。
 途中、眉子が失神すると章一が電極を眉子の腹に当てた。眉子が悲鳴とともに跳ね起きる。眉子の腹をよく観ると、直径1mm程度の小さな金属片が埋め込まれていた。
「どうだ。眉ちゃん。昨日、君が気を失っている間、簡単な手術をさせてもらったよ。ここから、卵巣に電気を通せるようにね」
 と章一が言った。
「さて、次は、パイずりさせてもらおうか?」

 このような残酷な性宴は、夕方までつづけられた。
 眉子は何度も失神したが、その度に卵巣に電流を流され覚醒させられた。

「兄さん、もし、卵巣に電流を流し続けたら、眉ちゃん、どうなっちゃうのかしら?」
「やってみようか」
 眉子は拷問台の上に乗せられ、皮のベルトで手足を固定された。
 電線が、2つの卵巣とクリとリスにつなげられた。
 電流を流す。
「うぎぎぃぃっ」
 背中を弓なりに仰け反らせ、悲鳴を上げる眉子。
 失神からすら覚醒させられるショックの連続に泡を吹きながら悶えている。
「男なら、テニスと幸丸に電流を流されたようなものだからな。いやっ、腹膜にも流れるから、女の方が一段と辛いかもしれない。」
 章一は、容赦なく電圧を上げていく。
 眉子の痙攣は、激しさを増していった。
 顔から血の気が引き蒼白になる。やがて、心臓が停止し、うごかなくなってしまった。
 章一は、蘇生装置を眉子の胸に当てると、電気ショックをあたえた。3回ほどで、蘇生が成功した。
「どうだ、この前、眉子の心臓を動かす電気パルスをコンピューターに記憶させておいたんだ」


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください。また、警察で拷問を行っている事実もありません。>

★終わらない夏休みページへ