27日目(8月15日)

 独房は、血だらけだった。眉子が吐血したのだ。口からだけでなく、股間からも粘りけのある血を滴らせている。
 章一は、眉子を診察しながら言った。
「さすがに内臓が参ってきているらしい。2、3日は、責められないな」
「そんな、眉ちゃんを責めれないなんて、退屈で死んでしまうわ」
 と亜紀が唇を尖らせる。
「なあに、内臓に負担を架けないような責めなら大丈夫だ。そろそろ、解体といくか?」
 眉子は、苦しそうに荒い息をしながら、嘆願する。
「死んじゃいます・・・。今日は、休ませてください・・・」
「バカね。あなたへの拷問が休みになる日なんてないのよ。それどころか、今日は、今までで一番痛い目に会わせてあげるわ」
 亜紀は、せせら笑いながら言った。
「もう、限界ですぅ。1日だけでいいですから、やすませて。くるしい・・・苦しいんですぅ」
「甘ったるい声を出してもだめよ。その苦しさを忘れられるくらい痛い目にあわせてやるわ。苦しいのがいいの?痛いのがいいの?」
 眉子は、泣き出した。ここに来てから一時たりと痛みを感じない瞬間など、ないのだ。

 眉子は、拷問用拘束イスに、座っていた。肘掛けが頑丈に出来ており、前腕部がベルトで固定されている。学校の制服である白いブラウスに紺色のジャンパースカート姿だ。
「さあ、今日から少しずつ、あなたの体を解体していってあげる。たっぷりと恐怖を味わうがいいわ。まず、手始めに爪を剥がしてやる」
 亜紀は、舌なめずりをすると千枚通しを眉子の鼻っ面に突きつけた。
「さあ、手を握ってないで、開きなさい。爪を剥がしてやるって言ってるのよ。握ったままじゃ剥がせないじゃない!」
 眉子は、恐怖で手を開けず、震えている。
 亜紀が手の甲を打ち付けた。
「早く、開いて!達也ちゃんの爪を剥がしてきてあげましょうか?」
 弟の名がでると、眉子の顔色が変わるのがわかる。
「わたしのをはがしてください」
 眉子は、本能的な恐怖で握りしめている拳を、震えながら開いていった。
「最初から、素直に開きなさい。また、握ったりしたら、弟の命がないわよ!返事は?!」
「解りました、弟には、手を出さないで・・・わたしの爪を剥いでください」

 亜紀は、眉子の左小指の爪の間に突き入れた。
「いたーっ」
「生爪はがしは、拷問の定番ね。今日は時間があるからゆっくり料理してあげるわ」
 亜紀は千枚通しを爪の間に刺したり抜いたりする。
「いたいーっ。やだっ、やめてー!」
「まだ、1枚も剥がしてないのに、ピーピー叫くんじゃないの!」
 爪はなかなか剥がれない。亜紀も無理に剥がそうとせず、眉子の苦悶を楽しんでいるのだ。
「なかなか、剥げないわね。そろそろいいかしら」
 亜紀は、ラジオペンチで、引き抜こうとする。
「きゃああ!痛い!いたい!」
 亜紀は、眉子の言葉に笑いながら、爪を左右にねじる。
「わたしに指図するなんて、いいご身分ね。眉ちゃん」
 指を血だらけにしながら、眉子の爪が剥がされた。
「ふーっ!やっととれたわ」
 亜紀が、額の汗を拭う。
 眉子は、荒い息をしながら脂汗と涙を流している。
 「どうだ、眉子。こうやって、少しづつ、お前の身体を解体していってやるよ。どこまで耐えられるかは、お前次第だな」
 眉子は恐怖に震えた。今までは、漠然とではあったが、9月になったら家に帰してもらえるのではないかという希望をわずかながら持っていた。しかし、章一がその気になれば、生きたまま解体することも可能なのだ。そうなれば、殺されないにしても、五体満足な身体ではいられない。もう、二度と家には帰れないのだ。
 眉子の左薬指の爪も同様に剥がされた。
「普通の女の子なら3枚くらいで失神するのにね」
 亜紀は左中指の爪を剥がしながら言った。
 眉子は、歯を食いしばって耐えている。
「あ、あの・・・・ひ、ひと思いに剥いでくださいませんか」
 眉子はたまりかねて口を開いた。亜紀たちは、吹き出した。
「なんて、間抜けなことをいうの、こうしてやるわ」
 爪に五寸釘をあて叩き割った。
「ひーーーーっ」
「わたしの剥がし方に不服があるのなら自分でやりなさい」
 亜紀は眉子にラジオペンチを投げつけた。
 手首のベルトがはずされた。
 眉子はペンチで自分の爪を挟もうとするのだがうまくいかない。
「もっとペンチを爪の間に深く入れないとダメよ。血がでるほどにね」 亜紀は眉子の頭をたたいた。
「敏江、手伝ってあげなさい」
 敏江は眉子の手をつかむとぐいっとラジオペンチを押し込んだ。
 「いたああああっ」
 ペンチの先端は、細い指と比べかなり太い。
 爪の間に差し込んだだけで血が流れ半分爪が剥がれかけた。
「さあ、自分の力で引き抜きなさい」
 眉子は懸命にペンチを引っ張るが、抜けない。
「はやく抜かないと、痛いだけよ」と亜紀。
「眉ちゃんは、美人で頭も運動神経もよいのに力がないのねぇ。捻ったり、ひねったりいろいろ工夫しなさいよ」と亜紀はアドバイスを送る。
 眉子は時間をかけて、何とかねじり剥ぐことができた。
「もう1枚はぎなさい」
「ゆるしてください。もう、限界です」
 亜紀は無視して、眉子を睨み付ける。
「わ、わかりました・・・・」
 眉子はまた自分の爪を剥がし始めた。今度は、要領を覚えたらしく最初の半分の時間で剥がされた。3枚目もより速く剥ぐことが出来た。
「上手になったからこれくらいで許してやるわ。次行くわよ」
 鉋で少しづつ爪を削っていく。いつ肉に刃が当たるか分からない恐怖感が眉子を緊張させる。刃が肉に達すると眉子は悲鳴を上げた。
 足の指の裏から釘を突き刺し爪を剥がす。万力で爪を割る。爪の間に糸を通し、剥がれるまで引く・・・。
 20枚もある爪は、眉子に20通りの苦痛を与え剥がされた。
傷口には焼きゴテがあてがわれ、治療されたことは書くまでもない。
 一枚ずつ時間をかけて剥がしていったので、全部剥がしおえる頃は、夜中近くになっていた。
 眉子は、失神することなく耐え抜いた。正確には、オピオイド拮抗薬により、興奮状態がつづき、体が失神状態なのに精神は、起きている状態がつづいていた。しかも、痛みに慣れることがないので、一枚一枚、新鮮な激痛を味わい続けたのだ。
 章一は、眉子を失神させるため、爪を剥がした肉に油を塗り、火を灯した。
「あああああっ!」
 拷問イスの上で身悶える眉子。襲ってくる激痛に逃げ場のない精神は、自ら消えるしかない。
「この程度では、なかなか眠らないな」
 章一と亜紀は、目をあわせ微笑んだ。
 指先の炎が消えかける頃、眉子は、目を見開いたまま、失神した。


<この物語はフィクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください。また、警察で拷問を行っている事実もありません。>

★終わらない夏休みページへ