28日目(8月16日)

 眉子はセーラー服姿で歯科診察台に縛られていた。
「今日は歯の治療をします。痛くないですから、怖がらなくても大丈夫だよ」
 章一は、サディステックな笑みを浮かべながら、やさしい歯医者さんが治療に来た女子高生をなだめるような口調で言った。
「きれいな歯ねぇ。虫歯なんて1本もないわ」と亜紀は歯科衛生士だ。
「でも、みんな抜いちゃおうね。さ〜いい子だから、あ〜んして」
 と章一は子どもをあやすように言った。
「やめて、それだけは・・・・」
「だいじょうぶだよ。一度抜いたらまたもとのところに戻してあげるから。ちょっと神経を嬲って遊ぶだけさ。君の美貌を損なうことはないよ。」
 章一は、そういうと敏江に眉子の口をこじ開けさせた。
「ア・・・・あぐ・・・・ぐ・・・・」
 眉子は暴れようとするが敏江の力に押さえ込まれ身動きがとれない。章一は眉子の奥歯を削り始めた。
「君は、いい子だからほとんど歯医者にいったことないだろう。貴重な体験だな。歯医者ってこんなに痛いんだよ」
 治療するわけでもないので、章一の削り方は乱暴だ。奥歯から血が吹き出す。神経まで削ったのだ。
「ん・・・・ぐぐっ・・・・ん〜」
 眉子の表情が激しくゆがむ。
「さあ、いたくないからね〜」
 章一はさらに神経の奥へと削り進んでゆく。
「あっ、ぐうぅぅぅぅ!」
 神経への直接攻撃に眉子は、全身を痙攣させた。口から血があふれセーラー服の胸元を濡らした。
「さあ、河合さん。うがいをしてください」
 金属製のコップに水が注がれる。眉子はうがいをすると真っ赤な血が口からあふれ出した。
「さあ、あ〜んして」
 眉子は、うつむき首を横にふった。
「そんなわがままじゃ、いけませんよ。治療ができないじゃないですか。はい、あ〜んして。弟さんを先に治療した方がいいかな」
 眉子には、小さな口を開き、拷問者を受け入れるしかない。
 反対側の奥歯を削る。
「ん、う、ぐ・・・ぐぐぐっ」
 眉子は涙をボロボロ流しながら、治療?を受けている。
「今度は、歯を抜きます。麻酔の用意はありませんから、痛かったら言ってくださいね」
 敏江に押さえさせ、章一は眉子の歯を抜き始める。ゆっくり楽しみながらねじ上げ引き抜こうとする。
「ん。・・・グ」
 眉子の歯が抜けると、むき出しの神経を責めた。
 針でつつき、ピンバイスでほじくり、電流を流す。
 眉子は氷を噛み砕くように命じられ悲鳴を上げた。
 歯を1本嬲られるだけでも、眉子の受ける痛みは、酸鼻を極めた拷問といっていいだろう。
セーラー服の胸は、血と涎でべとべとになっていった。
 そんなことは、お構いなしに、1本1本、引き抜かれいたぶられていった。
「前歯は、自分で抜きなさい。上手に抜かないと、元に戻したとき、汚くなるわよ」
 亜紀は眉子にヤットコを渡した。
「し、しどい・・・・。もう、ゆるひてください・・・・エッエッ」
 歯をほとんど抜かれた眉子の口調を聞いて4人は大笑いだ。
「アハハハハ・・・・」
「しゃあ、はやぐ、ぬひてちょうだし。あと、よんほんひかのこってなひのよ」
 亜紀は、歯が抜けた眉子の口調をマネしてからかう。
 眉子は引き抜こうとするがうまく行かない。
「そんなことを、しているとピンク色のきれいな歯茎が痛むだけだぞ」
 眉子は、懸命に抜こうとするが、女の細腕では抜くことができない。
「た、だめでしゅ。むけましぇん」
「しょうがないな。ハンマーで抜けやすくしてやるよ」
 章一は、様子を見ながら前歯をたたいた。
「ひ、ひーっ!」
 逃れようとする眉子の頭を敏江が押さえつける。
 前歯が、グラグラに動くくらいまでたたくと、ヤットコで抜くように命じた。
 気が遠くなりそうな痛みの中で眉子は、残った4本の前歯を抜いた。

「まだ、治療は終わっていないぞ。今度は歯を元に戻さなければな」
 眉子は口から血を流しながら診察台に戻っていった。
 治療は、金属片を歯茎に打ち込みそこに歯を接着していく。
 神経が完全に抜かれているわけではないので、その痛みといったら、筆舌につくしがたいものだ。
 眉子は苦しみ抜いたが夕食時までにはなんとか、元の美しい口に戻すことができた。
「さあ、これで治療は終わりましたよ。それにしても、こんなに涎をたらしたり、失禁したりする患者は初めてでしたね。君のご両親に報告してあげましょう」
 章一は、やさしい歯医者さんに成りきっている。
「じゃあ、眉ちゃんには、ねんねしてもらわないとね」
 亜紀は、眉子の額をベルトでまいて診察台に固定した。
 電極を削られた奥歯の穴に差し込まれ、電気を流された。
「あぐぐぐぐっ!」
 脳味噌に一番近い痛感神経から電気を流され、頭蓋骨を砕かれるような激痛が眉子を襲った。
「おほほほほっ!脳味噌沸騰モノでしょ」
 亜紀は、口に手をあてたからかに笑った。
「さっさと失神しないと、本当に脳味噌が焦げるわよ」
 失神しろといっても、あまりの激痛にやれるものではない。
 電圧を徐々に上げていくと眉子の痙攣もさらに激しくなって行く。
 眉子は、失禁しセーラー服のスカートを塗らした。
 眉子が目を開いたまま失神したのは、最高電圧にしてから10分後だった。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください。また、警察で拷問を行っている事実もありません。>

★終わらない夏休みページへ