3日目(7月22日) 
  独房は、1畳の広さしかなく、床は板張りでビニールシートがしいてあるだけだった。他には毛布が1枚あるだけだ。
 眉子は、一人で嘔吐感と戦っていた。自分が飲み込んだものを思い出しただけで、胃の中のものがもどってくる。喉の途中までせり上がったものを何度も飲み込んだ。
 眉子は、とうとう耐えられず吐き出してしまった。「吐いたりしたら特盛りを食べたもらうからね」亜紀の言葉を思い出した眉子は、それを必死に舐めとった。
 敏江と明美に抱えられるように、地下牢から引き摺りだされてきた眉子の前にどろどろの液状になった眉子の朝食が、大きなバケツになみなみと盛られていた。
「あなた、夕べ、毛布を汚したそうね。約束どおり特盛りを食べてもらうわ。この食事に早く慣れてもらわないとね。わたしたちの心遣いに感謝してほしいわね」
 亜紀の言葉に眉子は青ざめた。 テーブルの上に仰向けに寝かされ、大きく開けられた眉子の口内に亜紀が管を挿入してゆく。
 喉につかえるように、わざと乱暴に挿入する。
「ウグッウゴゥ!」
 逆流防止の為に管の回りに付けられた弁が喉を擦り上げ、嘔吐感が込み上げてくる。
 眉子は目尻に涙を浮かべて耐えてるが、亜紀は弁を喉にこすり付けるように、管を送り込んでは引っ張りだすのを何度も繰り返す。
 激しく込み上げてくる嘔吐感に眉子の腹筋が大きく痙攣する。
 その様子を明美がビデオで記録しながら、面白そうに笑っていた。管が胃まで届いたのを確認し、亜紀がポンプのスイッチをいれると、バケツの中身が強制的に眉子の胃の中へ送り込まれてゆく。
 見る見る減ってゆくバケツの中身とは対照的に、眉子の胃はどんどん膨らんでゆく。
 左右に頭を振る眉子の苦しげな表情を、3人が薄笑いをうかべ鑑賞している。  逆流防止弁の為に、胃に収まりきらない眉子の朝食は強制的に腸の方へ追いやられてゆく。
 眉子は全身から脂汗を吹き出し、顔を真っ青にしながら耐えていたが、やがて白目を剥いて気を失ってしまった。
 腹部を襲う激痛に眉子は意識を取り戻した。
 口には相変わらず管が差し込まれたままであったが、ポンプは外され、代わりに栓が差し込まれていた。
「折角作ってあげた朝食を残すなんて礼儀知らずな娘ね。まだ半分も残ってるわよ。全部奇麗に食べなさい。でももう上の口からは入りそうに無いから、下の口から食べさせてあげるわね」
 そう言うと亜紀は眉子のお尻の穴に別の管を挿し込んでポンプのスイッチを入れた。
 腸を逆流してくる異物感に喉の奥から声にならない悲鳴を上げる眉子。バケツの中身が全て眉子の身体の中に消えた時、眉子の腹は臨月の妊婦の様に膨れ上がっていた。「結構入るものねと亜紀。
「あれを全部食べるなんて卑しい娘ね」と明美。
 皆勝手な事を言いながら、眉子の腹をなでたり小突いたりしている。
 その度に眉子は脂汗を流しながら苦しそうにうめいている。
 お尻に栓をされ、テーブルから降ろされた眉子を敏江が後ろから羽交い締めにした。
 口からゆっくりと管が引き抜かれてゆく。
「吐いちゃダメよ。吐いたらキツイお仕置きだからね。」
 そう言いつけると管を一気に引き抜く。
 眉子がいかに我慢しようと限界まで張り詰めた腹筋によって続き胃が押され眉子の口から胃の内容物が吹き出してくる。
 敏江が背後から眉子の顎を押さえて口を塞ぐと、行き場をなくした吐瀉物が情け容赦無く眉子の鼻や気管に侵入してくる。
 眉子は呼吸が出来なくなり自分の吐瀉物の上で転がりながら噎せ返っている。
 手を後ろに縛られたまま逆さまにされ、足を大きく広げたYの字の形で眉子は天井から吊るされていた。体中に張り付いた吐瀉物が乾いている事からかなりの時間吊られている事が判る。
「吐いた罰として、あなたには今夜の食事の時のキャンドル台になってもらうわよ。でもその前に、身体中に付いてるキッタない物を取らなきゃね」
 そう言うと亜紀は手に持った乗馬用の鞭を、眉子の曝け出された陰部へ思いっきり打ち下ろす。
「きゃあああぁぁぁ・・・」
 眉子は絶叫し、背中を大きく反り返らせた。
 それが合図であるかのように、他の二人も一斉に眉子の身体へ鞭を振るってた。
 悲鳴を上げながら身悶える眉子。身体から乾燥した吐瀉物が弾け飛んでゆく。 お尻の栓が抜かれていない腹は大きく膨らんだままである。 そこへ情け容赦無い鞭の雨が降り注ぐ。
 鞭打ちの痛みは、親にも殴られたことのない眉子にとって、その一撃一撃が骨を砕かれるようなものとなって体中に響いた。
「あうっ!む、鞭はやめてぇぇぇっ!」
 眉子の白い肌に、ミミズ腫れが幾重にも広がり惨たらしい。
 胸や太股なども鞭打たれ、再び眉子は気を失ってしまった。
 亜紀達が夕食をとっている傍らでは昼間と同じ状態で眉子が天井からYの字に吊られている。
 眉子の股間には赤い極太の蝋燭がねじり込まれており、 そこに灯った明かりが部屋を淫靡に照らし出している。
 溶けた蝋が眉子の股間へ流れ落ちた。
「ひいいいぃぃぃ、あっ、あついっ、あついよぉぉ・・あついいぃぃぃぃぃ・・」
 溶けた蝋が股間を覆い尽くすと、敏江がそれを取り除く。
 眉子の股間にに再び熱蝋が襲い掛かる。
「ひいいいぃぃぃ、ひいっ、ひいっ、ひいいいぃぃぃ・・・」
 何度も同じ事を繰り返され、蝋燭が短くなってゆくたびに、眉子の悲鳴が部屋に響く。
 やがて短くなった蝋燭の炎が眉子の陰唇を焦がし出した。眉子は身体をよじりながら気違いの様にあばれた。
 その度に炎がゆれ、更に眉子の陰唇を焦がす。
 眉子は半狂乱になって暴れ出した。
「いやぁぁぁぁっ!助けてーっ!お願いよぉ!」
「そのまま、大事なところがケロイドになるまで吊って置いてあげるわ」
「ああああああっ!」
 眉子は、オシッコをほとばしらせた。偶然にも飛沫の一つが炎に当たった。
「あらら、運の強い娘ね。まっ、食事も終わった事だし、今日はここまでね。」
 亜紀がそう言うと、アヌス栓をされたままの眉子を敏江と明美が引きずるように地下牢へ連れていった。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください>

★終わらない夏休みページへ