31日目(8月19日)

 朝、敏江が独房へ向かいに行くと、眉子の様子がおかしかった。
遠くを見ているような目つきで、口から涎を垂らしている。
「さあ、ボーッとしてないで、食事の時間だよ!さっさと立ちな!」
 二の腕をつかみ引き上げても、眉子は力無く立つことが出来なかった。
 敏江は、章一を呼んだ。
「どうしたんだい?眉ちゃん・・・・?」
 章一が眉子の目をのぞき込んだ。焦点が定まっていない。
 眉子が口を開いた。
「あー、あー、やだ・・・・、もう、死にたい・・・・いたいのや・・・・だ。うえ
ー!」
 首を振りながら、パクパクと口を開閉する眉子。
 突然、眉子は険しい表情になり、髪を振り乱して章一に躍りかかった。
 章一は、眉子の腕を捕まえた。眉子は、章一の顔にかみつきそうな勢いでつばを飛ばしながら叫んだ。
「あーっ!殺してっ殺してよーっ!もー知らない!どーなってもいい!殺すんなら、殺せぇぇぇぇ!」
「落ち着くんだ!君の家族がどうなってもいいのか!達也君も死ぬんだぞ!」
「知らないっ。知らないっ!なんで、わたしだけが、こんな辛い目にあうのよ〜っ!みんな死んじゃえばいいんだわ〜!」
 章一は、眉子の頬を殴り、はり倒した。
「敏江!おさえていろ!精神安定剤を注射してやる」

 薬を注射され落ち着きを取り戻した眉子は、朝の日課を済ませ拷問室に連れてこられた。まだ、肩で息をしている。
「もしもし、河合さんのお宅ですか?眉子さんのお母様ですか?」
 章一が電話をかけていた。
「眉ちゃんが、お話をしたがっていますよ。今、変わります」
 眉子は、不自由な手で受話器を取った。
「ま、眉子なの?お母さんよ!今、どこにいるの?早く帰ってらっしゃい!みんな、心配してるのよ」
「ああ・・・・お母さん・・・・」
 眉子には、母の声が、もう何十年も会っていなかったように懐かしく聞こえた。幸せだった日々の思い出が頭の中に駆けめぐった。涙が溢れ息が詰まって言葉も出ない。
「ああっ、お母さん!」
「眉子!眉子!どこにいるの?無事なのね?早く帰ってきなさい」
「えっえっ、お母さんっ!眉子は・・・・えっ、もう、帰れません・・・・ご、ごめんなさい・・・・もう、もどれ・・・・エッんエッエッ」
 章一は、受話器をひったくると言った。
「眉ちゃんは、弟さんに会いたがってます。達也君を出してくれませんか?」
 弟の名前を聞いたとき、眉子は雷で打たれたような衝撃をおぼえた。
(ああっ、わたしは、達也を裏切ろうとしたのだ!こんなに愛しているのに!)
「さあ、眉子!弟の声を聞いて反省しろ!」
「お、おねえちゃん!はやく、かえってきてね!あいたいよぉ」
 幼い弟の声を聞いた眉子は、受話器に噛みつきそうな勢いで言った。
「達也!達也!おねえちゃんよ!会いたい!会いたいわ!お姉ちゃんも頑張るから!いい子になって!」
「おねえちゃん・・・・ボクいいこになるよ。にんじんもたべるよ。だから、はやくかえってきて!」
(この子には未来がある・・・・。わたしが投げ出せば、愛する弟も殺されてしまうんだ・・・・)
「お姉ちゃん・・・・頑張るわ・・・・うっ!い、痛い!きゃぁぁぁっ!」
 敏江が眉子の乳房を鷲掴みにしてひねり上げた。
「いたいっ!いたいよ〜っ!」
 電話は、母親に変わっていた。
「ま、眉子!眉子!どうしたの!」
 章一が答える。
「お母さん、聞こえますか?眉ちゃんは、ここに居たいって言ってますよ」
「あなた、誰なの?うちの眉子を帰して!」
「いたいっ、いたいよ〜っ!」
「眉ちゃんが居たがっているのだから返せませんね」
「ウソです!眉子に何をしてるのですか!?」
「お母さんがそうまでおっしゃるなら、眉ちゃんをお返ししますよ。ただし、一度にいっぺんってわけには、いきませんね。毎日、少しずつお返しいたします。とりあえず、爪と歯と指の骨をお送りしますよ。あと、眉ちゃんがどういうことをされているかも、お知らせしましょう。ビデオや、写真も同封しますよ」
 章一は、そう言うと電話をきった。
「眉ちゃん、どうだ、殺してほしいか?」
 眉子は、泣きはらした目で章一を見つめた。
「こ、殺さないで・・・・。わたしを気が済むようにしてください」
「今日のことを忘れないように、こうしてやろう」
 章一が手にしたのは、小さな針だった。よくみると、無数に返しが付いていて一度刺すと抜けそうにない。刀の様につばが一つ付いており柄の部分が色が違う。
 眉子の乳首を摘むと針を垂直に差し込んで行く。
「いたっいたい!」
 つばまで差し込むと指で弾いた。
「きゃあぁぁぁっ!」
「柄の部分が強力な磁石になっているんだ」
 章一は、チェーンを柄に吸いつけると引っ張った。
 無数の返しに乳房が内部から引き裂かれるような痛みに眉子は絶叫した。
 チェーンをさらに引っ張る。
「痛い!痛い!やめて〜っ!」
 乳房がそれに釣られ伸びた。やがて、チェーンが外れる。
 乳房が収縮し、胸で踊った。
 また、それを繰り返す。
「やめて!やめてください!いたいっ!」
「敏江!明日から眉子がいうことをきかないときは、このチェーンを使っていいぞ。今日の電話のことを条件反射で思い出すだろう」
敏江は、ニコニコし、チェーンを受け取った。何度か試してみる。
 眉子の痛がりように敏江は、ますます興奮し、強くチェーンを引くが、磁石が程良く効いているため、針が抜ける前にチェーンが外れた。
 次の朝から、敏江は、眉子が言うことを聞こうが聞くまいが、これを繰り返すだろう。眉子の朝の日課に苦痛がひとつプラスされたのだ。

 今日の拷問が始まった。
 眉子は足の親指を縛られ、Y字型に吊された。
 眉子の目の前にバケツが置かれた。バケツの中には、うねうねと動き
回る蛇が6匹入ってる。
「きゃああああっ。ヘビ、ヘビきらぁぁい」
 眉子は今までになく、激しく暴れた。指の痛みなど感じないかのように暴れている。
「ひぃぃぃーっヤダッヤダよ。ヘビはいやー」
「そんなに喜んでもらえるなんて思わなかったわ。あなたの子宮の中で
ヘビを飼って上げる」と亜紀。
「やだ、やだよー」
 泣き叫ぶ眉子。
 眉子の股間から1匹目のヘビが入れられる。冷たいモノが子宮に滑り込んで行く。
「ひぃーーーー、ダメッダメーッ」
 ヘビは恐怖で子宮の中で暴れ回った。
「や、やあー」
 眉子は、発狂したように暴れる。痛みで暴れるのは反射運動だが、生理的嫌悪感から暴れるのは逃れようとするハッキリとした意志があるぶん、激しいのだ。
 2匹目が入れられる。
「もう、ゆるしてえー」
 眉子は泣き叫ぶ。
「精々、暴れて、自分で指を千切りなさい。そうしたら、逃れられるわ」 亜紀は3匹目を入れる。
「ひぃぃぃぃぃっ」
 ヘビは子宮の中で暴れ噛みつく。ざらざらした鱗が内壁をひっかく。さらに4匹、5匹と胎内に入れられた。ヘビは前にしか進めないので一旦入ると奥へ進むのみだ。最後のヘビを眉子の胎内に納めると、腹が膨れ上がり、外からでもヘビが暴れる様子が窺える。
「死んじゃうぅぅぅぅっ、やめてぇぇぇ」
 眉子は逆さ吊りの身体をよじる。そのうち、どう反転したのか血まみれのヘビの頭が眉子の割れ目から出てきた。敏江はそれをつかむとまた、中へ戻し張り型で栓をしてしまった。ヘビ達は出口を求め眉子の子宮の中で暴れ回っている。
「ひいいいいっ、ヘビが、いたいいぃぃぃっ」
 眉子も疲れてきたのかあまり動かなくなった。足の指は千切れかけている。
「ヘビが弱ってきたようだな」
 章一は、卵巣へ通じる電極に電流を流した。突然の電撃にヘビは大暴れだ。
「ぐぎぎぎぐぅぅぅ」
 言葉にならない悲鳴をあげる眉子。
 しばらくして「そろそろヘビを殺さないと卵管を破裂させられたらこ
とだからな」と章一はいった。
 敏江は眉子の前門に漏斗を差し込んだ。
 大きなヤカンで熱湯をそそぎ込んだ。
「あ、あつぃぃぃぃっ」
 ヘビが、激しく暴れそして動かなくなった。
 眉子が、はねると左足の親指が千切れ飛び、片足だけで吊される格好になった。
「ヘビを殺してやったんだから礼ぐらい言いなさい」
 亜紀は鞭で眉子の股間を打った。左足は自由に動くため、暴れると眉子の身体は回転し、右足の親指を捻る結果となった。
「いたぁぁぁい」
 ブチッと音がして眉子は頭から床に落ちた。
「くううう」
 眉子の胎内から、血まみれのヘビの死体が流れ出てきた。
「この娘、ヘビを生んでるわ。すごいシーン」
 明美は大喜びでビデオを回す。
「このシーンをおまえの家と、愛しの彼に送ってあげる。みんなあなたのこと気持ち悪がるわね。きっと」
 眉子は泣いて言葉も出ない。
「きゃああああっ」
 突然、眉子の恐怖におののいた悲鳴があがった。驚いたことに、ヘビがまだ生きていたのだ。ヘビは、鎌首をもたげると眉子のクリとリスに噛みついていた。
「と、取って!お願い」
 眉子は尻餅をついてひっくり返った。その様子を見て、他の4人は大爆笑だ。
「アハハハ、根性あるぞ。このヘビ」
「いいとこに噛みついちゃって、雄ね。きっと」
「ヘビの根性に免じて、このヘビを眉ちゃんの食事にいれましょう」と亜紀。
「たまには、流動食でなく、固形のモノもいいだろう。精がつくぞ」と章一。
「いやーっ、ヘビを食べるなんて」
「自分で生んでおいて何言ってるのかしら。この娘は。フフフフ」
 亜紀は残忍な笑いを浮かべた。
 眉子は、この後、卵巣とクリとリスに失神するまで通電され、独房に投げ込まれた。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください。また、警察で拷問を行っている事実もありません。>

★終わらない夏休みページへ