32日目(8月20日)

 朝、眉子が意識を取り戻すと、激痛が襲った。毎朝、連日の拷問の後遺症の痛みに襲われるのだ。指が千切られるように痛む。痛む指を手で押さえようとする。指は、無かった。
 涙がポロポロと溢れだした。慣れているはずなのに。毎日のことなのに。もう、指は、もとにもどることは無いんだ。
 眉子は、全身を襲う苦痛にのたうちながら、敏江が向かえに来るのを待っていた。

 敏江は、眉子の乳房に刺さった針を弾く。
「ひぃぃぃっ!」
「さっさと、食うんだ。昨日の蛇だよ」
 眉子の前には、蛇の輪切りが置いてある。眉子は、蛇が苦手であった。しかし食べなければ、恐ろしい拷問が待っている。また、蛇を入れられるかもしれない。眉子は、目をつぶり口に運んだ。
 流動食にも、蛇の頭が砕かれ入れられていた。胃袋がひっくり返りそうな不快感に真っ青になりながら、眉子は、朝食を平らげた。

 その後、洗浄が行われ、髪を整え、白いブラウスと紺のジャンパースカートの制服を着せられ拷問室へ入っていった。
 亜紀が、待ちかねたように手招いた。
「さあ、眉ちゃん。残りの指を痛ぶってあげる。来なさい」
「ああ、許してください・・・」
「そんな、3本くらい指が残っていても役に立たないでしょ。千切ってあげるわ」
 拷問用のイスがある。木製で頑丈な作りだ。肘掛けが拷問台になっており、手や腕の拷問に便利に出来ていた。
 眉子の足が止まった。
 座席にバットのヘッドほどもある極太ディルドーが突き出ていたのだ。真鍮製のそれは、先端に棘が1本、角のようにはえていた。
「さあ、スカートをめくり上げて、貴方の穴にあれを入れなさい」
「こんな大きいの無理です」
 眉子は、涙目で亜紀の瞳を見つめた。
「手首までくわえ込む人が何を言ってるの!さあ、座りなさい!」
「あ、あの・・・どっちに入れればいいのでしょうか?」
 亜紀達は、爆笑した。
「窒よ、窒に決まってるじゃない!これは、あなたの窒にあわせて作った特注品なのよ。入れるだけなら、限界ギリギリまで広がるけど、壊れる心配はないわ。痛いでしょうけど」
 眉子は、不自由な手でスカートをたくし上げ腰を下ろした。
 冷たい感触が、秘肉を裂き体内に侵入する。
「くうぅ、い、痛い・・・・さけちゃうぅ」
「裂けないわよ。あなたの大きさにあわせて作ってあるって言ったでしょ。敏江、手伝ってあげなさい」
「い、いいです。自分でやりますっ!」
 眉子が叫ぶのもお構いなしで、敏江は後ろから肩に手を置き、体重をかけてきた。
「ああっ!ダメーッ!こ、壊れちゃう!」
 眉子の細い足では、敏江の体重を支えられない。腰が砕け、ディルドーがズブズブと突き刺さっていく。
「きゃああああっ!」
 恐怖にかられ眉子が悲鳴を上げた。
 ディルドーは、窒にピッタリと収まり、先端の棘が子宮頸管に突き刺さった。
「いたい、いたいよ〜」
 眉子は、張り裂けそうな腹痛に脂汗を流し体を痙攣させている。
「どお、座り心地は?あまり、動くと裂けちゃうわよ。じゃあ、今日の拷問を始めましょうか」
 と亜紀が言った。

 眉子は、イスに腰と首をベルトで固定された。さらに肘掛けに手首をつながれた。右手の甲には釘が打ち込まれた。残っている3本の指先にも打ち付けられた。
 眉子は、少しでも動くと腹部に激痛が走るので、身悶えることもできない。
 メスを手にした章一の顔には、薄ら笑いがうかんでいる
「人間の手というのは、精密機械のようなもので、解剖するといろいろ勉強になる。よくみているんだな」
 章一は眉子の指の皮を剥がし始めた。
「い、いたーっ、剥がすのなら、一気に剥がして下さい。お願い」
 眉子がいくら哀願してもゆっくり、ゆっくり剥がしている。血にまみれたピンク色の肉が露出する。
「くーっ、いたいっ、いたいよー」
「まだ、剥がし始めたばかりじゃないか」
 皮膚は肉が傷つかないように慎重にめくられていった。
 皮剥は、拷問の中で、もっとも痛い。爪が剥がれるのが痛いのも、皮膚の一部だからにすぎない。痛点が多い皮膚の方が、痛いのだ。
 たまらず、体をよじると、窒が裂けるのではないかと思うほどの痛みが下腹部を襲った。
 舌を噛みきって死んでしまえたらどんなに楽だろうと、眉子は何度思ったことか。だが、家族のことを思うとそれすらできない。

 指を剥がし終わると手の甲の皮を剥がし始めた。
「この筋肉が、こうなるとこうなるんだ」
 章一は、柄付き針で筋肉や腱をつついたり、引っかけたりしながら説明している。
「ほら、ここをつつくとこっちが動くだろ」
「い、いたいよー。もう、いやっやめてよー」
 眉子は、ポロポロ涙を流しながら、哀願する。
「ちゃんと兄さんの説明を聞いてなきゃダメじゃない」
 亜紀は眉子の頭をたたく。
「これは、どういう筋肉なの?答えなさい。眉ちゃん」
「そ、それは・・・」
 眉子は、痛みの中で章一の説明など聞いている余裕などない。
「これは、こうよ」
 亜紀は、そこを千枚通しで突き刺した。中指と薬指の筋肉が痙攣する。
「いたぁぁぁっ」
「ほら、中指と薬指は連動してるのよ。ちゃんと聞いてなきゃダメじゃない」
 眉子は惨たらしく皮を剥がされ弄ばれている手を見た。頭から血が下がっていくのが感じられる。もう、元通りにはならない手。このまま、少しづつ解体されていくのだろう。もう、止められないんだ。
 眉子は頬を平手で打たれた。
「ぼーっとしないで、ちゃんと見なさい」
 亜紀が髪を引っ張る。
「この、繊維が神経だ。指先は痛点が多いから痛感神経も多いんだ」
 章一はそう言うとピンセットで神経繊維をつまみ引っ張った。
「い、いあーーーーーっ、や、やめて、やめーーー!やぁぁぁぁっ」
 指が引きちぎられそうな激痛に眉子は悶えつづける。
「これもそうね」
 亜紀も神経繊維を見つけピンセットで引っ張る。
「や、やめてーーーーーっい、い、い・いたぁぁぁぁー」
「ふふふ、普通の拷問より効率よく痛みを感じさせれるみたいね」
 亜紀はピンセットをさらに激しく動かした。
「うぎぎぎ、うぎゃぁぁぁぁっ」
 眉子は、半死半生で叫ぶ。
 神経繊維が切れると、肉を千切ったり剥がしたりしながら、新しいものを探しいたぶりつづけた。数時間後には眉子の右手は肉が千切れ、骨がはずされ原型を止めていなかった。
「もう、この手は、役にたたないわね」
 手首からぼろ切れがぶら下がっているようだ。
 手首のベルトがはずされ、かわりに万力で手を挟まれた。
 万力を締め上げる。骨が砕かれ血が噴き出す。
 完全に潰れた右手は、手首から切断されビニール袋に入れられた。
 指がない左手も潰され同じ運命をたどった。
「一つは、ラーメンの出汁に使いましょう。もう片方は、あなたの家に送って上げるわ。でも、なんだか解るかしら?」
 亜紀はビニール袋に入った肉魂をみて首を傾げた。
「あ。あ・あううっ」
 眉子は、痛みに言語が麻痺し言葉もでない。
 亜紀が、眉子の頬を叩きながら言った。
「まだ終わりじゃないわよ。理科の勉強の次は、歴史の勉強よ」
 亜紀は、手にした器具を眉子に見せた。
 真鍮の光沢を放つそれは、大きな座薬のような形をしている。先端に棘が付いており、基部には、ねじがついていた。見覚えがある。眉子の体内に納められているディルドーと同じ形だ。
 眉子は、目を見開き不安に全身を震わせそれを見つめる。
「気がついた様ね。あなたのお腹の中には、これの大きいやつが入っているわ。これは、中世の拷問具よ」
 亜紀がねじを回すと、先端の角から花が開くように3つに割れていく。
「外見を傷つけず内部を破壊するの。ほら、半開きの状態が西洋梨に似ているでしょう。だから、梨と呼ばれているわ」
「あ・あ・あねげぁい!やべ・て」
 眉子は、涎を垂らしながら、必死に哀願した。
「そのイスに付いているのは、電動式なんだけどね。回転しながら開くところがちょっと、工夫されているの」
 亜紀がリモコンスイッチを手にしニヤリと笑った。
 眉子の窒の限界にあわせ、設計された張り型が開いたら、破裂しかない。
 亜紀がボタンを押すと眉子の体内にチクリと痛みが走った。すぐにそれは、腹が裂けるような激痛に変わり、眉子の体を痙攣させた。
「あわわっ・・・ぐぐぅぅぅ!ぎえぇっ!」
「窒が破裂する痛みを十分に味わいなさい!」
「す、すごいわこれは!」
 ビデオカメラを構えていた明美が思わず身を乗り出してきた。
 外目には、制服の女子高生がイスに腰掛けているだけなのだが、彼女の体内でおこっている破壊は、並の拷問ではなかった。
眉子は、無くなった手で下腹部を押さえながら苦痛から逃れようと身をよじる。それが却って膣をねじり、苦痛を倍加させていった。
 血がイスを真っ赤に染め、眉子が白目を向き泡を吹いた。
 亜紀がリモコンでディルドーを閉じ、敏江が眉子をイスから引き抜いた。眉子の股間から血が滝のように流れ出した。
「これは、輸血が必要だな」
 章一は、顎に手をやり、眺めていた。
 章一は、眉子のスカートをめくり、手を入れ窒の裂け目から腸を引きずり出す。
 腸間膜が引き裂かれる痛みに痙攣する眉子。
「わー、きれいね」
 亜紀が感動に震えた甲高い声を出した。
「ピンク色をしてるわ。眉ちゃんってお腹の中まで、美しく出来ているのね」
「あまり、やりすぎると死んじまうから、今日はこのくらいにしておこう」
 眉子は、半死半生で、虫の息になっている。
 章一は、腸を詰め込み、窒を引き出した。頸管の傷を焼き、窒の裂傷を縫合した。
 眉子の顔色がもどるまで、輸血をした。
 そのあいだ、眉子に意識があるのかないのかわからなかった。時折、うめいたり、身をよじったりするので、痛みを感じてはいるようだ。
 治療が終わると敏江が眉子を担いで部屋を出ていった。
「眉ちゃん、明日の朝まで生きているかしら?」
「さあな。今まで耐えてきた生命力と精神力があれば、5分5分くらいで生きていられるんじゃないか?」


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください。また、警察で拷問を行っている事実もありません。>

★終わらない夏休みページへ