5日目(7月24日)
「さあっ!起きなさい!」
 亜紀は、地下牢の床に死んだように眠る眉子の髪を引っ張り上げた。
「い、いたい!」
 眉子は束の間の安らぎから、地獄に引き戻される。眉子にとって、失神している間が、唯一の与えられた休息であった。次の拷問の為の体力を回復するために休まされているといってもいいだろう。
「さあ、その汚い体を洗ってあげるわ。こっちへ来なさい!」
眉子が連れてこられたガレージは、亜紀のベンツが入っている他は、2台分の空きがあった。
「今日から毎日、拷問を受ける前に、ここで体を洗浄してもらうわ。汚い娘を嬲っても面白くないからね。そこに立ってじっとしていなさい」
 亜紀は手を上げ、敏江に合図を送った。 何をされるかビクビク怯えている眉子に、敏江がホースがついたステッキを持って近づいてきた。車を洗浄するための高圧ホースだ。
「きゃーっ!つ、冷たい!」
 ステッキの先のノズルから勢いよく高圧の冷水が吹きだした。眉子は、反射的に身を屈め、飛び退いた。
「眉子!じっとしてなさいって言ったでしょ!体を洗ってもらえるだけありがたいと思いなさい!サディストの中には、垢だらけの女の子を好む人もいるのよ。そうなったら、あなた、1ヶ月以上も汚いままにされるのよ」
 動くなと言われても、冷水は氷のように冷たく、心臓が飛び上がりそうだ。高圧で吹き付けてくるため、ナイフのように肌に突き刺さってくるように感じる。
 眉子は悲鳴を上げながらも堪え忍んだ。 ナチスのアウシュビッツでもこの冷水拷問は、行われ囚人は失神してしまったほどだ。
過酷なことに、眉子にとって、これは拷問ではなく、朝に顔を洗う程度の日課でしかないのだ。眉子の体の隅々まで洗浄が行われた。
 眉子は唇を紫色にし、鳥肌をたて、ブルブル震えている。
「きれいになったようね。仕上げは、わたしがして上げる。敏江、押さえていなさい」と亜紀が言った。
「体の外だけじゃなく、中もきれいにして上げる」
 亜紀は、ノズルを眉子の後門に突き立てた。
「いたいっ!は、入りません!や、やめて!」
 眉子は、必死で叫び、身を捩るが敏江の怪力に押さえられ抵抗出来ない。亜紀は、グイグイとステッキを押し込む。 メリッっという音とともにノズルの先端が眉子の後門に吸い込まれていった。
「きゃぁぁぁぁっ!」
 激しい痛みに後門を襲われ眉子は悲鳴を上げた。
「本当の悲鳴はこれからあがるのよ」
 亜紀は、ノズルを開いた。高圧水が眉子の直腸内で噴出した。
「ぎゃうぅぅぅっ!いゃっ、いやぁぁぁぁっ!」
 腹の中を掻き回されるような痛みに眉子は絶叫した。後門から水しぶきが吹き出す。外に吹き出す量より、ノズルから注がれる方がはるかに多いので、直腸はすぐに満タンになり、水は、大腸へ流れ込んでいった。
「やーっ!抜いて!抜いて!いたいっ!死んでしまいますぅ!」
「死ねば!あなたが死んだら、次は弟を嬲り殺しにしてあげるわ」
「くーっ!うぅぅ」
「あはははは。あなたって本当に弟がかわいいのね」
 亜紀は、5秒でノズルを抜いた。5秒といっても、眉子には、何分にも感じたはずだ。
 後門から、水が噴き出した。便と血も。高圧水で粘膜が剥がれたのだ。
 亜紀は、またノズルを後門に捻り込んだ。
「今度は、10秒よ。耐えられるかしら」
 眉子の腸に容赦なく激流が流れ込む。
「んうぐぅぅぅぅっ!い、いた〜っっいぃぃぃ」
 眉子の下腹部は見る見る膨らんで行く。
「あぐぐぐううっ!ぎゃああああっ!」
 眉子は、絶叫に近い悲鳴をあげた。
 大腸を破裂寸前まで膨らませた圧水は、小腸へ流れ込んだのだ。 ノズルを抜くと、大量の水と、便が吹きだしてくる。
「まだ、中に残っているわね」
 亜紀は、またノズルを押し込むと放水した。
「あうぅぅぅっ!し、しんじゃいますぅっ!」
 眉子は涙をボロボロこぼしながら泣き叫んだ。
 ノズルを抜くと、今度は未消化の内容物も吹きだしてきた。 眉子は、気が遠のき始めた。
 亜紀は眉子の髪を引っ張り言った。
「まだまだよ。ここで、失神してごらんなさい。あなたも、あなたの家族の命もないわよ」
「わ、わかりましたきゃああああっ!」
 4度目の注水が開始された。 6度目の注水で眉子の尻から噴き出す水は、ほぼ透明になった。
「血が混じるのはしかたないわね。これで、今日の洗浄は終わるわ。明日から、毎日、敏江に洗浄してもらってから、拷問部屋に来なさい。体をよく拭いて髪も整えてくるのよ。私は、拷問部屋で待っているから、食事を済ませてきなさい」
 亜紀はそういうと明美と出ていった。 肩で息をして、震えている眉子を敏江は、小突きながら言った。
「さっさと、言われたとおりやりなさい!わたしが怒られるのよ!」

眉子が、拷問室に入ると亜紀が言った。
「今日の食事はおいしかった?こたえなさい」
「あ、あのお、おいしかったです」
 何をされるか解らず、眉子は、おどおど答える。
「ウソおっしゃい。ほとんど、味が無かったはずよ。明美ったら塩を入れ忘れたらしいの。ごめんなさいね」
「い、いえっ。おいしかったです」
「この娘ったら、わたしが謝っているのに素直じゃないのね」
 亜紀は、眉を吊り上げ怒鳴った。
「そ、そんなつもりじゃ」
「うるさいわね!塩気がたりなかったでしょ!」
「は、はい」
「ごめんね〜。眉子」
 明美が手を合わせウインクをして頭を下げた。
「これ、足りなかったぶんよ」
 明美は、ドンブリに山盛りの塩を差し出した。
「さあ、遠慮なく食べてね」
 眉子は、ポロポロと涙をこぼした。
「あら、泣いてるの。うれし泣きかしら。もっと、上げるね」
 明美は、食塩が入った袋をふり、ドンブリの中にさらに入れる。サラサラと塩がこぼれ落ちた。
「もう、いやです!どうして、こんなことするんですか!あなたたちは、人間じゃありません!悪魔です!ウッウッ!」
  眉子は泣きじゃくりながら、抗議する。
 亜紀は、鞭で眉子を打ち据えた。
「この小娘が!今度、口答えしたら、命はないよ!」
 床に俯した眉子の背中に続けざまに鞭を浴びせた。
「い、いたいっ!や、やめて〜っ!鬼!悪魔!」
「バカ娘が!お前が死んだら、可愛い弟が慰み者になるんだ。解ってるのかい!」
「!」
「どうしたの。黙っちゃって」
「わ、解りました、た、食べますからっ!」
「私たちの親切よ。ありがたく食べなさい」
  眉子は、塩をなめてみた。ほんの少し舐めただけで、辛味は脳天を突き上げてくるようだ。
「しょっぱい!」
 眉子は、両目を硬く閉じ顔を歪めた。
「あはははっ。当たり前でしょ。塩だもの。はやく食べなさい。一気に食べればどうと言うこと無いわ」
眉子は、ドンブリを持ち上げ、塩をほおばる。 口の中が焼かれるように痛む。眉子は、顔を真っ赤にして、むせかえった。
「ゲホッゲホッ!た、食べられません・・・」
「あなた、さっき、食べるって言ったばかりでしょ。全部食べなさい!早く!」
 眉子は、何度かむせ返るうちにコツを覚え、飲み込めるようになってきた。塩は、容赦なく眉子の口から食道を焼いた。可憐な桜色の唇が真っ赤に腫れている。内部の粘膜も同じように腫れ上がっているのだろう。
 眉子を襲う痛みは、激しさを増し、首の筋が痙攣を起し震えている。
「はうぅっ!あががっ!もう、ゆ、ゆるして」
もう、飲み込むことは不可能のようだ。
「まだ、半分も食べてないのに。しょうがないわね。じゃあ、後門から食わせてあげるわ。尻を突き出しなさい」
眉子は、四つん這いになり尻を高く上げる姿勢をとらされた。
 動けないように敏江が押さえ込む。
 亜紀は、眉子の尻の穴にロートを差込み、食塩を流しこんだ。
「ひぃぃぃ!い、いたぃぃぃぃっ!」
 空っぽの直腸は悲鳴を上げ、眉子は悶絶した。
「滲みるでしょう。空っぽの直腸の傷ついた粘膜にはね。もっと、入れて上げるわ」
 亜紀は、眉子の直腸に詰め込めるだけ詰め込んでしまうつもりだ。
「あ、あついっ!や、焼けているみたい!もう、堪忍して下さい!」
 焼きゴテを突っ込まれ腹の中を掻き回されるような苦痛に眉子は泣き声を上げた。
「もう、入らない様ね。栓をしといてあげるわ」
亜紀はアヌス栓を押し込んだ。
「うんぎがぁっ!」
 敏江が手を離すと、直腸の内壁を塩で擦られた眉子は、床に転がり悶絶した。
「変な声をださないの」
 亜紀は、倒れている眉子の腹を蹴った。
「苦しいでしょうね。このまま、ほおっておくと脱水症状を起こした直腸は壊死して腐っちゃうわね。あなたは、腐ったはらわたを後門から、たれ流しながら死ぬことになるわ。オーホホホホ」
亜紀は、口に手を当てて高笑いをした。
「た、たすけてっ!そんな死に方は、いやっ!」
「言うことを聞けば、助けて上げるわ。体操着に着替えて、マラソンをするのよ。腹痛に耐えて、5kmを走り終わったら、栓を抜いて、塩を洗い流して上げるわ。できるかしら」
「わ、わかりましたや、やりますから」
 眉子は、立ち上がるのも容易でないほどの腹痛に耐えながら半袖の体操着とブルマに着替えた。
「さあこれに乗りなさい」
 ルームランナーまでの距離は、数歩もないが、焼けるような腹痛で眉子の足は思うように前に出ない。たった、数メートル歩くことさえ、おぼつかない眉子にとって、5kmのマラソンは、過酷すぎる要求だった。「ダ、ダメです。は、走れません」 腸内の粘膜から水分を搾り取られる激痛に眉子は、足を動かすこともできない。
「走らないのは勝手だけど、死んじゃってもいいの?可哀想に達也くん。お姉さんが走らなかったおかげで、殺されちゃうなんて」
 亜紀が冷たく言い放つと眉子は苦悶のうめきを上げながら、1歩を踏み出した。
「くーっ」
 眉子は、焼けるような腹痛に耐えながら走り始めた。
 距離メーターは、亜紀にしか見えないようになっている。
「走れるじゃない。5kmになったら教えてあげるわ」と亜紀。
 眉子は、100mも走らないうちから、何kmも走ったような顔つきだ。
 亜紀は竹刀で、眉子の尻をたたきながら言った。
「もっと速く走らないと、手遅れになるわよ!」
「うっ!や、や、めて!」
 腹痛だけで耐え難いのに竹刀で打たれてはたまらない。眉子は、気が遠くなっていった。亜紀は、眉子の上下に揺れる乳房を打った。
「きゃっ!」
「気絶したら、あなたは、確実に死ぬわよ!」
 焼けるような腹痛に耐えながら眉子は賢明に走った。
「ま、まだですか」眉子の悲痛な声。
「もう少しよ。がんばって」と亜紀。
「あっあと、どれくらいですか」悲鳴に近い声。
「1キロくらいよ」
 メーターは8キロを超えていた。亜紀は、眉子の苦悶を見ながら楽しんでいる。
 もう、眉子の胸は、脂汗で、ぐっしょりと濡れ、下着が透けて見えるほどだ。
 10キロを越えると、さすがに眉子もおかしいと思ってきたらしい。
「嘘つくのはやめて!もう、倒れそう!」絶叫に近い。
「まだよ。お腹が痛いから遠く感じるのよ。途中で止まったら初めからやり直しよ」と亜紀。
「あ、あうぅぅ・・・・」眉子は喘ぎながら走り続けるしかなかった。

 眉子が腹痛と疲労で倒れたのは21キロを少し越えたところだった。


<この物語はフィクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください>

★終わらない夏休みページへ