8日目(7月27日)
 眉子の体は、昨日の引き伸ばし拷問の後遺症で、体をホンの少し動かしただけで、筋肉が痙攣し、激痛が走った。それでも、得体の知れない食事を取らされ、冷水により洗浄された。朝の日課が終わっただけで、眉子は、失神寸前になったいた。
 拷問部屋に連れてこられた眉子に亜紀が言った。
「紹介するわ。わたしの兄さんよ」
 眉子は、青年を見た。長身で目元が涼しげな美声年である。
(この人なら助けてくれるかもしれない)眉子は、僅かな希望にすがりつくように、章一の前に身を投げ出して哀願した。
「た、助けてください。なんでも言うこと聞きますから、痛くしないで、いじめないでください」
「フン。会ったすぐから、頼み事か。随分と厚かましいお嬢さんだな。少しばかり可愛い顔をしていれば、男は誰でも言うことを聞くとでも思っているのか」
 章一は、眉子の体を蹴飛ばした。
「ぎゃっ!」
 眉子は、激痛に悲鳴を上げ、床に転がった。
「うぎゃぁぁぁぁぁっ!」
 章一は、革靴の踵で、乳房を踏みにじった。
「この娘の身体は昨日の拷問で全身の神経が延びきっていて、チョット動かしただけでも激痛が走るはずよ」
と亜紀が言った。
「それは犯しがいがありそうだ。ビデオで拷問を受けているところを見せてもらったが、よく、死ななかったなあ。しぶとさは、一級品だな」
 章一は、眉子の腰や腕、足などを蹴る。
「や、やめて!ぎゃっ!きゃっ!いたーいっ!」
 眉子は、儚い期待を打ち砕かれ事態は、悪くなったことを悟った。伸びきった神経がひきつり全身がバラバラになるような痛みに眉子の意識は、遠のいていった。
「ぐふっううう!」
 眉子は、脱臼した肩の激痛に意識を取り戻した。
「まだ、オネンネは早いぜ。肩はちゃんとつながっているようだな」
 章一は、眉子の体を触診しながら言った。
「ぼくは、大学で、自衛隊諜報部の地下組織から、いろいろと拷問用の器具や薬剤の研究を頼まれていてね。みんな、いやがるので僕がやっているんだ。人体実験を君のような可愛い娘でできるなんて最高だよ。それに手術。痛神経とか麻酔をかけるちゃうと、よく分からなくてね」
 眉子は、恐ろしい言葉の数々に震えあがった。章一に触れられ眉子は、悲鳴を上げながら、ポロポロと涙を流す。
「それにしても可愛い子だな。何人もの女優やアイドルに会ったけど、ノーメイクで、こんな可愛い子は、いなかったよ。研究の前に処女をいただかないとな。さて、どうしてやろうか。簡単に開通させては、つまらないからな」
 章一は、眉子の股間に指を埋め、唇でやわらかな肌を楽しみながら言った。眉子は、悪魔のような男に、愛撫され、身震いしている。
 眉子は、両膝に縄を掛けられ、逆さ吊りにされた。膝の間接が軋み、眉子は、うめき声を上げた。
「見ろよ。この茂みを。まだ、産毛のやわらかさが残っているぜ。あと、2,3ヶ月で堅い毛になってしまうだろうな。この瞬間は、一生のうちで、ほんの数ヶ月だ。まったく、運がいいよ」
 章一は、眉子の茂みをまさぐって、クスコを突き立てた。
 クスコが開かれると、章一はペンライトを手にして中をのぞき込む。
「あっ」
眉子は、恥ずかしさで死んでしましそうだと思った。
「こいつは、ひどいな。ヒーメンが、炎症を起こしている。電流で焼くなんて無理なんだ」
 章一は、注射器で眉子のヒーメンに、一滴のアシド(酸)を垂らした。
「きゃぁぁぁぁっ!」
 逆さ吊りの眉子は、背中を弓なりにのけぞらせ、暴れようとするが、膝に縄が食い込み脱臼寸前の間接に痛みが走しるだけだ。
「きゃああっ!や、やめてぇぇ!」
 もう一滴垂らして章一は言った。
「どうだ。内臓は、物理的な痛みより、化学的な痛みの方が数倍こたえるんだ。アシドで君のヒーメンをボロボロにしてから犯してやろう」
 もう一滴。
「ひぃぃぃっ!あ、あつっぃぃ」
 さらに垂らす。
「やぁっ!いやぁぁぁぁっ!」
 もう一滴。
「ぎゃっ!も、もう、や、め、!あ、つっ」
 体の一番脆い部分を焼かれ、身悶えれば、全身に痛みが跳ね返ってくる。失神する事さえ許されない呵責が続いた。 注射器が空になると、章一は、新たにアシドを注入し始めた。
「もう、やめては、はやく早く犯してください」
 眉子は、消え入りそうな声で言った。
亜紀は、目を丸くした。
「眉子ちゃんともあろうものが、犯してくださいだって!この淫乱娘め!」
 亜紀は、鞭で眉子の背中を打ち据えた。
「きゃあぁぁぁっ!」
「あなたは、黙って、私たちの言うことを聞いて、拷問を受けていればいいのよ!」
 章一は、さらに注射器1本分のアシドを、ヒーメンに浴びせると、眉子の戒めを解いた。
 眉子は窒を洗浄された。
「傷ついたヒーメンを裂かれる痛みを味わいながら、処女を奪われるがいいわ」
 亜紀は、震える眉子にそういうと章一を見た。
 章一は、眉子を床に押し倒すと、脚を強引に開かせる。
「ぎゃあああああっ!」
 はずれかけている股関節が軋み、全身に激痛が走る。眉子には、章一の愛撫の一つ一つが激痛になり、悲鳴を上げ続けた。
「クククッ、こんなに濡れていやがるぜ」
 章一は、眉子の谷間に指を這わせながら言った。眉子の股間は、ビッショリと濡れていた。それは、愛液ではなく、苦痛による汗だった。章一は、愛撫による拷問をしばらく楽しんでいた。美しい肌をした美少女が腕の中で、のたうち回っているのだ。永遠に続けたいと思った。しかし、眉子にも限界がある。意識が遠のき反応が鈍くなってきた。
 章一は、眉子の股間に腰を沈めた。
「ぎゃあっ!い、いったぁぁ〜いっ!いた、いた、いた〜!」
 散々嬲られ傷つけられたヒーメンを突き破られ、擦りあげられる痛みに眉子は、意識を取り戻した。
「ひ、ひとごろし〜っ!ぎゃぁ!」
「いちいち、可愛い娘だ。それ、いくぞ!」
 章一は、興奮し荒々しく腰を突き上げてくる。
 眉子は、子宮をめがけて、吹き上げてくるものを感じた。
(汚い!)と眉子は思った。
これが、糞や小便、ミミズなどの方がまだ増しに感じた。悪魔のような男の精が、自分の処女の子宮に放たれるおぞましさに、体中を悪寒が走り、鳥肌を立て身震いした。
 ほんの1週間前まで、素敵な男性との結婚初夜の契りの幸せが当たり前のように自分にも訪れると信じて疑わなかった乙女にとって、死刑宣告以上のショックだった。魂まで汚されてしまった。くやしかった。自分の生きている意義は、サディスト達を喜ばせるために苦しみ続けることしかない。
 これほど、屈辱的な運命は他にないだろう。 章一は、眉子を四つん這いにし、尻を抱えて犯した。仰向けにし犯す。そのほか、無理な体位を強制し、犯しまくった。眉子は、全身を襲う痛みと屈辱感に涙もかれ果て、呻き叫び身悶えるしかなかった。
「兄さん。精力あるわね〜」
 亜紀が半分呆れ顔で言った。
「そうでもないさ、普通なら3回もすれば満足するのだが、これだけ可愛い娘が相手だとどんな男でも、何発もいけるだろうよ」
 眉子の股間には、破瓜の血が、すでに固まり、こびり着いている。ショック状態で、唇を紫色にして、ぶるぶる震えだした。
「今日は、もう限界のようだな。また、明日、嬲ってやるよ」 眉子は、抗ショック薬を注射されると、独房へ引きずられていった。


<この物語はフェクションです。拷問や治療等は危険ですので絶対まねをしないでください>

★終わらない夏休みページへ